驚くほど簡単!今すぐFacebookに360度写真を載せる方法

Facebookでパノラマ写真を投稿出来るようになってしばらく経ちますが、仕事柄今でも「どうやって投稿するの?」という質問を良く受けています。

Web知識はほとんど必要なく、小難しいことは一切ありませんので、簡単にご説明します。

 

 

基本は撮ってアップロードするだけ

多くのFacebookユーザーは、自分で撮影した写真をアップロードしたことがあると思います。

360度写真も基本は同じ。対応したカメラで撮影し、タイムラインへアップロードするだけで、アプリ上で動く360度写真が作成されます。

これだけ。

paul-feed

ヘルプページを見ると「対応しているカメラ」とありますが、動画とは違ってメタデータなどを埋め込む必要はなく、100度以上あるパノラマ写真をアップロードすると自動でFacebook側で360度対応を行う仕様とのこと。

公式でサポートしているカメラはこちら。

  • RICOH THETA S
  • Giroptic 360cam
  • Samsung Gear 360
  • LG 360 Cam
  • IC Realtech ALLie
  • 360fly
  • Panono
iPhoneまたはiPad
以下のいずれかの機器でパノラマ写真を撮影します。
  • iPhone 4S以降
  • iPad mini 2以降
  • iPad AirおよびiPad Air 2
  • iPad Pro
サムスンGalaxy
以下のいずれかの機器のサラウンドモードまたはパノラマモードでパノラマ写真を撮影します。
  • Samsung Galaxy S5以降
  • Note 3以降

おそらく、これ以外でも100度以上のパノラマ写真であれば対応される見込みです。

 

撮影品質はちょっと劣る

上記に挙げたカメラはどちらかというと一般向けの普及機で、画質は一眼レフにちょっと劣ります。

スナップ的に店内を見せたりする分には問題ありませんが、細部まで見せたい場合にはちょっと不向き。

集客支援課ではストリートビュー用に撮影した素材もFacebook用に提供することが可能なので、高品質なパノラマを載せたい場合は是非お問い合わせください。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

店舗のURL

件名

メッセージ本文