Googleマイビジネスってどのくらい見られてるの?を簡単に知る方法

Googleマップに掲載されたGoogleマイビジネス(≒Googleプレイス、Google+ローカル)がどのくらい見られているのか、店舗オーナーなら気になるところ。

クリックされた流入量がわかるだけではなく、運転ルートから着信件数まで、ユーザーがどんなアクションを起こしているかも簡単に知ることができるので、今回はその見方を説明します。

 

 

 

Insightsを表示

確認の仕方はごくごく簡単。

まずGoogleマイビジネスにログインしましょう。

すると、店舗情報の下にこのような表示があるはず。

これが「Insights」と呼ばれるそのページがどのくらい表示されたかを示すもの。

「Insightsを表示」をクリックして、中身を見ていきます。

マイビジネス1

表示回数を見てみよう

ここに表示されているのは、あなたの店舗やサービスがどのくらい検索されたのか?を示す回数。

なお、どの項目も期間を絞って表示させることができます。表示できる期間は、当日、過去7日間、30日間、90日間と、2012年10月1日から数えた全期間です。

 

スクリーンショット 2016-06-10 16.44.03

検索

Google検索や、Googleマップ、モバイルのGoogleマップでの表示回数がここに含まれます。

Google+

Google+で表示された回数がここに含まれます。

投稿

マイビジネス(≒Google+)に投稿したページが表示された回数

写真

マイビジネスに投稿されている写真が表示された回数

 

クリック数を確認しよう

ここで言う「クリック数」とは、検索結果に表示されたマイビジネスに対して何らかのアクションを起こした回数が表示されます。
スクリーンショット 2016-06-10 16.44.14

ウェブサイトへのアクセス数

Google検索、マップ、モバイルのGoogleマップで検索された結果に対して、マイビジネスからリンクされているウェブサイトがクリックされた回数

運転ルートの検索

こちらも同じように、Google上でどのくらいルート検索がされたかが表示されます。この場合、Google検索で「○○から○○まで」と検索した場合もカウントされる模様。

着信件数

マイビジネスに記載されている電話番号がどのくらいクリックされたか

 

運転ルートの検索でどこから来ているかもわかる

どこを起点として検索されているか、の確認もこちらから行うことができます。

スクリーンショット 2016-06-10 16.44.31

何曜日の何時頃に電話が多いのかもわかる

通話数を見ると、どの曜日が電話が多いのかも簡単にわかります。

マウスポインタをグラフの上に乗せれば、件数も知ることができます(ただし数値は概算値。数が少ない場合は表示されない)。
スクリーンショット 2016-06-10 16.44.43

これに加えて、時間帯も調べることができる。右上の「曜日」を「時間帯」に変更すればこのような折れ線グラフが表示されます。

スクリーンショット 2016-06-10 17.14.14

 

まとめ

いかがでしたか?

今後、情報収集が進めば国籍や男女比・年齢層もわかるようになるとのこと。

今からの対策でも決して遅くはないので、しっかりと手を打っておきましょう。

また、弊社ではGoogleマイビジネスに関して代行登録や更新を行っています(有料)。ご興味のあるかたは是非ご連絡ください。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

店舗のURL

件名

メッセージ本文