レンタルオフィスで起業するときの注意点

ノマドワーカーや起業家に人気のレンタルオフィス。

初期投資を抑えつつ一等地にオフィスを構えることができるとあって、ニーズも増え続けています。

当然メリットも多いがデメリットもあるので、じっくり考えてから利用しましょう。

 

 

レンタルオフィスとは?

大きく分けて3つのタイプがあります。ビジネスの用途によって、適切なものを選びましょう。

バーチャルオフィス

「場所」は借りずに住所だけを借りるタイプ。自宅での登記を避けたい場合に最適。バーチャルとは言っても、場所によってはオプションで電話対応をしてもらえたり、商談スペースが使えたりと通常のレンタルオフィスの基本機能も利用できます。

数千円から使えるのも魅力。

 

共有スペース

漫画喫茶のように仕切られたブースを借りることができるタイプ。自宅では集中できないけど、外に自分のスペースを確保したい場合などに最適です。この場合もオプションで様々なサービスを受けることは可能。

だいたい月額が3ー5万円程度で利用できます。

 

レンタルオフィス

いわゆるスタンダードなレンタルオフィス。規模はピンからキリまでありますが、1人分のスペースからある程度本格的なスペースまで、幅広く借りることができます。

賃料も周辺のマンションなどと同額くらいが相場。

 

メリットとデメリット

どのタイプのオフィスも一番のメリットは初期投資コストを抑えられる、という部分でしょう。

他には通信環境や什器などが不要のため、そのあたりの手間を省いて主ビジネスに打ち込むことができる、という側面もあります。

また、現在の傾向として取引相手が会社の所在地をGoogleストリートビューで検索する、ということは珍しくありません。この場合、自宅で登記をしていると、相手に自宅が分かってしまう、という危険が存在しますが、レンタルオフィスならこれを回避することができます。

ただ、考えられるデメリットとして、「事業実態がそこにあるのかどうか」を主軸に置いた審査などには若干通りにくくなっています。例えば銀行口座開設が挙げられますが、バーチャルオフィスだとそこでの稼働は行っていないので、通らないケースもあります。

どこまで可能なのか?は各レンタルオフィス事業者に問い合わせれば、大体の疑問は解決できると思います。

逆に言えば、そこでおざなりの対応をされる場合は今後もその対応が続くので、そういったところを利用するのは熟考したほうが良さそう。

 

オススメのレンタルオフィス

 

Karigo(カリゴ)



通常のレンタルオフィス業務はもちろん、会社設立代行までやってもらえる、ワンストップサービスを持った会社。

 

ワンストップビシネスセンター

http://www.1sbc.com/

格安料金を謳っているものの、内装などにもこだわりを持ち高スキルを持ったスタッフが常駐。

 

アセットデザイン

http://ro-japan.com/

 

リージャス

https://www.regus-office.jp/

 

まとめ

通信インフラの発展によってノマドワーカーが増加し、レンタルオフィスの拠点数も上記に挙げただけでおよそ300以上。

初期投資を抑え、ランニングを抑え、集中できる環境があれば仕事効率も上がり、ステップアップも見えてくるというもの。

住めば都(住むとは言ってない)とは言え、キックオフの場所は慎重に選ぶに越したことはありません。

 

おまけ

レンタルオフィス業界にも店内版ストリートビューの波は押し寄せていて、ストリートビューで内装を見てそれが決め手になる、というケースも少なくありません。いくつかご紹介しましょう。

東京上野「いいオフィス

 

東京東新宿「パセラのコワーク

 

東京新宿 食専門のレンタルオフィス「Room802

 

ストリートビューの撮影なら全国15,000実績の弊社にお任せください

レンタルオフィスの撮影も承っております。50,000円〜 無料にてお見積りいたします。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

店舗のURL

件名

メッセージ本文