ペグマンって知ってる? Googleマップの超ベンリ機能

Googleマップを使っていて、ストリートビューやインドアビューがもっと簡単に見れたらいいのに…と思ったことはないですか?

実はGoogleマップにはそれを叶えてくれる「ペグマン」という機能があります。今回はこのペグマンの基本的な使い方を紹介しましょう。

 

「ペグマン」とは?

Googleマップをパソコンで開いてみると、右下の隅っこのほうに人の形のマークがあるはず。これが「ペグマン」です。

こいつがなかなか良い仕事をしてくれちゃいます。

スクリーンショット_2016-06-10_17_30_14

 

ドラッグ&ドロップでストリートビューを表示

動画で見ると使い方はイッパツ。

map

ペグマンをドラッグすると、ブラーンとぶら下げて連れていけます。

あとは、見たい場所のストリートビューの上に落としてあげれば、ストリートビューが表示されるという仕組み。

上の動画の、青い線が道路に張り巡らされているストリートビュー。

オレンジ色のが店内版ストリートビューである「インドアビュー」です。がうまく表示されない時は、地図の縮尺を変えるとうまくいきます。

 

ペグマンが変身する!?

実はこのペグマン、たまーにコスプレをするんです。

こちらは今年の3月、ゼルダの伝説のリンクとなって登場した姿。

002 (1)

ほかにも期間限定で、イベントごとにいろいろなコスプレをしているので、ものすごく暇な時に確認してみましょう。

Googlemap2-546x254

 

まとめ

こうしてみると、都心部の数多くの店舗にインドアビューが導入されているかがわかります。見方も簡単、さらにストリートビューアプリもリリースされていて、認知度がかなり上がってきています。

インドアビューの撮影時間は1時間程度。ちょっとの手間で導入ができるので、あなたのお店にも是非導入検討を。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

店舗のURL

件名

メッセージ本文