THETAじゃだめ? 新規集客にストリートビューが効く理由

2016年はVR元年。つい先日、Facebookも360度写真に対応(動画は以前から対応済み)し、さらにTwitterも360度コンテンツに対応し始めました。

360度のパノラマ写真やVR動画を見る環境が整ってきましたが、それに対して「撮影側」はと言うと、まだ完璧に整っているとは言いがたい状況です。

個人ユーザー向けにTHETA Sが発売され、パノラマ撮影も流行の兆しを見せ始めているものの、クオリティやユーザービリティはまだまだストリートビューには及びません。

今回は、通常のパノラマコンテンツではなくストリートビューを導入するメリットについて説明します。

 

 

クオリティは雲泥の差

ストリートビューやインドアビュー(店内版ストリートビュー)とTHETA Sで撮影したパノラマ写真を比べると、まずその画質の差が歴然です。

ストリートビューで撮影した画像は、カメラによって多少の差はありますが、5184×3456を4枚つなぎ合わせた画像となる。単純計算で4倍すると、20,736×13,824で300M相当の画質です。

 

 

対してTHETA Sは、5,376×2,688で14M相当。なので、あくまで単純計算ですがストリートビューの方がTHETA Sより21倍画質がいい、ということになります。

The Painted Hall at The Old Royal Naval College in United Kingdom – Spherical Image – RICOH THETA

 

前に進むことができない

ストリートビューのようにWeb上で矢印を出して、先に進むことができるようにするには特殊なツールが必要となります。最近ではGoogleストリートビューアプリがリリースされ、THETAユーザーでも使えるようになってきてはいますが、まだまだ敷居が高くユーザビリティが悪いのが実情。

Google ストリートビュー

Google ストリートビュー
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

露出導線が異なる

さらに、ストリートビューの場合はGoogleマップと連動しているので、マップで検索をかけた結果に表示され、そのままダイレクトに店内ストリートビューを見ることができます。この機能は今のところTHETA用SNSには用意されていません。

スクリーンショット 2016-06-14 18.24.33

 

THETA Sは手軽さが売り

では全くTHETA Sが使えないか、というとそうではなく、冒頭で挙げたFacebookなどのSNSには充分な360度カメラ。スティッチ(撮影した画像を360度につなぎ合わせること)が必要ないのは、手軽さを売りにする上でかなりのアドバンテージとなっています。

他にも360度カメラはいくつかありますが、ここで一番成功しているのがTHETA Sだ、と言っても過言ではありません。

 

【あす楽】 リコー RICOH THETA S
価格:38909円(税込、送料無料)

 

 

 

プロカメラマンが撮影するストリートビュー

費用はかかってしまうものの、やはりクオリティについてはストリートビューに軍配が上がっています。

ストリートビューの撮影にはGoogleから直接トレーニングを受け、認定されたフォトグラファーのみが参加できるため、クオリティに関してはGoogleのお墨付きです。

 

まとめ

弊社はGoogle認定パートナーでもあるのでストリートビュー推しをしていますが、THETA Sも普段から使っていて「ストリートビューの簡易撮影版」として利用しています。

定期的にSNSなどにパノラマ写真をアップするならTHETA Sを購入するのはアリ。ですが、クオリティを重視するなら、ストリートビューを検討してみてはいかがでしょうか。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

店舗のURL

件名

メッセージ本文